ブログトップ
Lisaの庭と春夏秋冬
学生の熱気
北海道から沖縄まで全国の大学で国際保健分野に関心のある24名の学生が日本国際保健医療学会学生部の企画、運営により集まり、母子保健をテーマに熱く語り合いました。国立国際医療センターの先生とチームを組んで講義とワークショップのファシリテーションを行いました。
f0230697_953410.jpg

ハイライトは学生さん(北海道大)が作られた二人の女性の物語(ガーナと日本の女性の人生)をもとに討議をしたグループワーク。
f0230697_9536100.jpg

時間に追われたものの、学生の皆さんの参加力は素晴らしく、短時間に多くの事に触れることが出来ました。
f0230697_953514.jpg

冷静にそして、あついおもいを持ち続けたいと改めて思いました。
[PR]
# by joi-lisa | 2014-03-20 08:43
頼りになるバオバブの樹??
何か村の中で大変な事が起こるとバオバブの樹の下に集まるそうです。本当に凄い存在感です
f0230697_21244310.jpg

[PR]
# by joi-lisa | 2014-03-02 21:20
蛇??とはしご
保健スタッフと保健ボランティア(CBSP)、一緒に??ゲームを作りました。「すごろく」の様なゲームで、子どもの頃遊んだものです。こちらでもUMATI(タンザニア家族計画協会)のパメラさんも懐かしい〜と。
f0230697_2155496.jpg

このゲームにメッセージを沢山盛り込みました!「産後、どれくらいで妊娠する可能性があるか?」「妊娠中の危険な症状を3つ述べよ」「妊婦健診は何回行くべきか?」等々。答えられないと??に噛まれてコマが戻ったり、ハシゴを登れません。なかなかスリルのあるすごろくゲームが作られました。
[PR]
# by joi-lisa | 2014-02-28 00:27
よろず相談室by保健ボランティア~1⃣
今、タンザニアのシニャンガでワークショップを行っています。
f0230697_2240107.jpg
その一部として、保健ボランティアさん達が日々母子保健活動を行う中で「質問されて困った経験の共有」をし、保健スタッフ、県保健局の専門家と一緒に返答を考える試みです。
f0230697_22401470.jpg
「妊娠中だったのに妊娠が止まり、胎児が背中の方に留まり、??を飲んだら胎児が戻り、2年後に出産した人がいる。何故か?」「出産可能年齢は49歳までなのに閉経している人がいる。なぜか」「なぜ双子が生まれるのか」等々。
Difficult to answer questionsの回答集を皆で作りました。
[PR]
# by joi-lisa | 2014-02-27 03:06
朝焼け
朝焼けの時間。と言っても6時40分。
さあ今日も頑張ろう
f0230697_16473186.jpg


------------------------------------------
[PR]
# by joi-lisa | 2014-02-25 12:50