ブログトップ
Lisaの庭と春夏秋冬
<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ゲッコー三姉妹
ヤモリのことを「ゲッコー(Gekko)」と言いますが、わが家の3匹のゲッコー(大・中・小)をご紹介。
先ずは三女の「Yui」どこへ行こうかしらんと迷いつつ歩いている感じ↓。
f0230697_21145712.jpg



f0230697_21121325.jpg←そして二女の「Nana」は照明の近くでじ~っとクモを狙って…。
ところで、子どもたちが小学生だったころ、お友達が遊びにくると一番人気だったのがNana。「わ~蜘蛛を狙っている~」と大盛り上がりでした。

f0230697_21133391.jpg

↑そして長女の「Karin」は重力に負けて?戸棚の上に…。
ガーナからやってきたブロンズのゲッコー達、それぞれに家の中で居場所を決め、さりげなく彼女たちの姿になごまされています。
[PR]
by joi-lisa | 2010-05-23 21:18
PEACE

今年も咲きました。わが家のバラが。
5月の青空にとても良く映える!
f0230697_22214147.jpg

バラの品種は「ピース(Peace)」です。
青空に平和が咲きほこっています。
f0230697_22224195.jpg

[PR]
by joi-lisa | 2010-05-16 22:31
母の日に…
今日からブログを開始します。
「母の日」に開始です。ちょっといい感じ?

ジョイセフにとっても今日は特別な「母の日」、約3週間続いたMODE for Charityのクロージング・パーティーでした。

「このクロージング・イベントが母の日に行われることは素晴らしい」と語られたザンビア国駐日大使。

「母の日」に、世界では未だ多くの女性が「命を生むために命を失っていること」をザンビアから駆けつけて来られたアルバティーナさん(助産師)から現地、マサイティー郡の様子を聞くことができました。

東京都の3倍もある面積に医師が1人、助産師が12名。多くの女性は保健サービスを受けるために長い距離を移動しなくてはなりません。陣痛が始まってからの痛みの中、長距離を歩いたり、自転車での移動は想像を絶します~。そして、搬送(判断)の遅れで二人の女性が命を落とした体験が、アルバティーナさんがNGOで働くきっかけとなったこと等を熱く語られました。

会場の皆が心を揺さぶられた瞬間でした。ザンビア大使が最後に「今、心の手をつないで」と言われました。

今日はクロ―ジング・パーティでしたが、実はスターティング・パーティでもあったのですね。今後のジョイセフのザンビアでの活動に注目していてください!

帰宅したらもう一つの「母の日」イベントが待っていました。三人の娘たちが日頃の感謝(?)をこめて、いそいそとあるいはぶっきらぼうに祝ってくれたのでした。
[PR]
by joi-lisa | 2010-05-09 23:28